成人矯正

  • HOME > 
  • 成人矯正
成人矯正

成人矯正とは、永久歯が生え揃ってから行う矯正治療のことです。歯科医療の進歩により、従来のワイヤー矯正の他、歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付ける舌側矯正、マウスピース矯正などが登場しました。

舌側矯正は口を開けたときに矯正装置が目立ちにくいため、周りの人に矯正治療を受けていることを知られたくない方におすすめです。マウスピース矯正も透明のマウスピースを使用するため、周りの人に気づかれにくいことがメリットです。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)マウスピース矯正とは透明なマウスピースを装着することで歯を少しずつ動かして歯並びを整える矯正の事を言います。周囲に気づかれにくい矯正装置なので、歯並びを治したいけど金属で目立つ装置はしたくないという方にピッタリです。また、当院ではデジタル印象採得装置『iTero』を導入しております。

iTero(アイテロ)のメリット

iTero(アイテロ)のメリット

当院では、1秒間に6,000枚分のデータを取得できる口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」を導入しています。iTeroはスピーディーに歯型とりができる上に、スキャンデータをインビザラインの本社へ送信することですぐにマウスピースの作製が開始されます。そのため、従来の歯型とりと比べて早く治療を始めることができます。

また、従来の歯型とりのように、シリコンの印象材を噛む必要はありません。一切の苦痛なく正確に歯型をとれるため、精密な治療と負担のない治療を実現できます。

加えて、デジタルなのでデータを画面上で確認することが可能です。これにより矯正前と矯正後のイメージをシミュレーションすることが出来ますので事前にどんな歯並びに改善されるかを確認した上で矯正が始められるといったメリットもあります。

ワイヤー矯正(表側)

ワイヤー矯正(表側)

ワイヤー矯正とは、歯の表側にブラケットを歯科専用の接着剤で付けて、そこにワイヤーを通し、ワイヤーが戻ろうとする力を応用して歯を動かす治療法のことです。従来のブラケットは金属で銀色をしているため目立ちやすいことがデメリットでしたが、近年では透明や白色のブラケットも登場しています。そのため、従来のワイヤー矯正よりも目立ちにくく、見栄えをそれほど気にせずに治療できるようになりました。

また、ワイヤー矯正はあらゆる症例に対応できる上に、個々の歯に適した形に調整して矯正できるため、治療期間を短縮できるというメリットがあります。

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットとワイヤーをつける矯正治療です。周りの人に矯正治療を受けていることを知られる心配がほとんどありません。また、抜歯を伴う矯正治療が必要な場合は、仮歯をつけた上で矯正することも可能です。

裏側矯正は、前歯を後ろに動かしたい場合に向いている矯正治療です。また、装置の周りに殺菌作用がある唾液が循環して潤うため、むし歯になりにくい傾向があります。ただし、装置の周りを目視で清掃しづらいため、丁寧な歯磨きを心がけなければむし歯になるリスクが懸念されます。

部分矯正

部分矯正

部分矯正とは、歯の一部のみ矯正することです。前歯のような目立ちやすい歯のねじれや噛み合わせの改善などを短期間で行います。歯並びを全体的に整える矯正治療よりも簡単に思えるかもしれませんが、狙った箇所だけ矯正することには優れた技術が必要です。

部分矯正のメリットは、平均6~8ヶ月程度(個人差があります。)と比較的短期間で矯正できることです。それに伴い矯正治療にかかる費用も抑えられます。さらに、歯に力をかける本数が少ないため、痛みや違和感も比較的少なくて済みます。矯正装置を取り付ける本数も少ないので、口を開けたときにそれほど目立ちません。

部分矯正を適用できるかどうかは歯並びによって異なるため、まずは当院までお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る
03-6230-9900 24時間 WEB予約24時間 WEB予約 公式LINE公式LINE