詰め物・被せ物

  • HOME > 
  • 詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

メタルフリー治療の取り組み

メタルフリー治療の取り組み

日本では保険の兼ね合いで、虫歯治療などをした際に削った部分を補修するため金属の詰め物や被せ物で修復することが多々あります。いわゆる『銀歯』と呼ばれる金属ですが、正式には『金銀パラジウム合金』という金属です。銀歯と呼ばれているため銀のみで作られていると認識している方もいらっしゃるかと思いますが、実は銀歯は金、銀、銅、パラジウム、インジウムその他様々な金属が含まれています。中でもパラジウムは金属アレルギーを引き起こす可能性があり、ヨーロッパや歯科医療先進国では使用が禁止されている国もあるほどです。また、銀歯は長年入れていると錆びて、その錆が歯ぐきに浸透してしまい黒ずむこともあります。金属の為、経年によりすき間が出来てそこから虫歯が発生してしまう、いわゆる「二次虫歯(カリエス)」のリスクもあるため、当院ではメタルフリーの治療をおすすめしております。

メタルフリー治療とは、金属を一切使用しない治療のことです。噛み合わせが強い箇所への治療には、耐久性に優れた金属が重宝します。近年では、金属以外でも耐久性に優れた素材が登場しており、金属を使用しない治療が可能になりました。

見た目が自然で美しい

金属素材は目立つため、金属以外の素材を使用することで、自然で美しい見た目の口元へ整えることができます。

【メタルフリー治療のメリット】

金属アレルギーを起こさない

金属を一切使用しないため、金属アレルギーが起きる心配がありません。

歯茎が着色する心配がない

金属素材は唾液の作用で溶け出した金属イオンの影響で歯茎が黒ずむ場合があります。メタルフリー治療であれば、そのような心配はありません。

虫歯が再発しにくい

メタルフリー素材は金属と比べて歯との結合性に優れているため、歯と補綴物の間にすき間が生じてむし歯が再発する心配がほとんどありません。

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)とは、むし歯治療で歯質を削ったところを埋めるために使用する素材のことです。保険診療では、詰め物はレジン、被せ物は銀歯を使用します。保険診療の治療は費用が安い一方で、レジンは経年変化によって変色しやすく、銀歯は歯との結合性が低くむし歯が再発しやすいといったデメリットがあります。

当院おススメ!ジルコニアセラミック
当院おススメ!ジルコニアセラミック

メタルフリー治療と言えば、セラミック治療が代表的です。セラミック治療の中でも強度が高いジルコニアは、表面に細菌がつきにくく、経年変化による変色がほとんどありません。また、土台から表面まで全てがジルコニアのため、透明感のある仕上がりとなります。

複雑な色も再現できるので、周りの歯になじみつつ天然歯のような白さと透明感を実現できます。インプラントやブリッジにも使用できるなど、汎用性にも優れています。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングダイレクトボンディングは、最小限の範囲のみ削って使用できる補綴物です。天然歯に近い色調で優れた透明感を持つレジンを使用することで、自然な口元へ導くことができます。また、保険診療のレジンよりも変色しにくく、定期的なメンテナンスで色調を維持しやすいこともメリットです。

e-max

e-maxe-max(イーマックス)は、セラミックの中でも透明感に優れており、天然歯よりも美しい見た目に仕上がります。e-maxが向いているのは、前歯と奥歯のどちらも色や大きさ、形にこだわりたい、銀歯が気になる、変色した歯をきれいにしたいといったケースです。

ゴールド

ゴールドゴールドは、金合金や白金加金など科学的に安定した素材を使用した被せ物です。目立つというデメリットがある一方で、生体親和正に優れており、天然歯との相性に優れています。また、金属アレルギーが起こりにくく、歯が変色する心配もほとんどありません。表面に汚れや雑菌も付着しにくいので、むし歯の再発や歯周病のリスクを抑えることができます。

ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングとは、薬剤を使って歯を漂白する処置のことです。歯の内部から色素を分解するため、本来よりも白い歯へと導くことができます。美しく白い歯によって口元の印象が明るくなれば、顔全体の印象も明るくなります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を歯に塗って特殊なライトを当てることで歯を白くするホワイトニングです。歯科医師や歯科衛生士などの専門家が施術するため、安心して任せることができます。高濃度のホワイトニング剤を使用するため、短期間で歯を白くできます。直近で大切なイベントがある方におすすめです。施術後は、稀に一時的に歯がしみる場合があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングとは、歯科医院で作製したマウスピースに薬剤を入れ、決められた時間だけ装着するのを一定期間続けることで歯を白くするホワイトニングです。オフィスホワイトニングと比較すると、使用するホワイトニング剤の濃度が薄いため歯を白くするのに時間がかかりますが、オフィスホワイトニングと比べて色が後戻りしにくいというメリットがあります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングデュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせることで、それぞれのデメリットを補ったホワイトニングです。オフィスホワイトニングで歯を白くして、ホームホワイトニングで後戻りを防ぐことで、白い歯を長く維持できます。

ホワイトニングの注意点

神経がない歯、重度のテトラサイクリン歯には十分な効果がきたいできません。また、差し歯やセラミック歯などの人工物にも効果はありません。その他、妊娠中・授乳中、15歳未満の方は、ホームホワイトニングを行えないので注意が必要です。また、むし歯や知覚過敏がある場合、ホワイトニングを受けられない可能性があります。

ホワイトニングを受けられるかどうかは歯科医師が判断いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る
03-6230-9900 24時間 WEB予約24時間 WEB予約 公式LINE公式LINE